任意後見契約の流れ/ひだか司法書士法人

沖縄の司法書士 法律相談・法人、不動産、相続、債務整理、登記手続きを行います。

任意後見契約の流れ

財産管理委任契約・任意後見契約の流れ

正式には「財産管理委任契約・任意後見契約」といいます。

任意後見契約の流れ

1:ご相談・ライフプラン設計

ご本人またはご家族からのご相談を受け、ご要望を元にライフプランの設計と任意後見人の検討・選出を行ないます。

2:法律調査・検討・確認

法律事項の調査と回答・検討を行い、契約書・公正証書の作成に向けて資料の準備をして行きます。

3:公証人との確認打ち合わせ

公証人(※1)と共に契約内容や後見人について、法的・倫理的に正当性があることを確認し、
公正証書の作成に進みます。
※1?公証人とは 各地の公証役場に務め、法律や権利に関する事実を公的に認める公正証書の作成など行なう者です。

4:書類完成・契約成立

契約書・公正証書を作成して、契約が成立した時から開始するの事はありません。
ご本人または後見人やご家族の判断により開始する事になります。

5:財産管理の実行

本人が認知症になってしまったなど、実際に契約をスタートさせなければならなくなったときには、
家庭裁判所が任意後見監督人(※2)を選びます。

※2?任意後見監督人 任意後見人がこの制度を悪用することや後見を怠けるようなことがないよう定期的にチェックする監督人です。

那覇本店

〒900-0025
沖縄県那覇市壺川1丁目1番地15 アルファビル302号
TEL:098-987-1628
FAX:098-987-1629
ひだか司法書士法人facebook
沖縄県司法書士会
法テラス
2010 - 2018 © ひだか司法書士法人
ML Design